ライフスタイル

シティポップに癒される

シティポップが世界中で大ブームになっていますね。

例えば、松原みきの「真夜中のドア〜stay with me」はSpotifyで1億9400万回も再生されています。

2020年末頃から急速に人気を集め、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデン、豪州、シンガポール、フィリピンなど各国のSpotifyのバイラルチャートで1位となりました。Apple Music J-POPランキングでは世界83の国と地域で1位を獲得しました。韓国の有名DJやインドネシアのRainych(レイニッチ)さんのキュートな歌声のYouTubeなどで火がつき、松原みきの原盤が世界的ヒットになりました。

1980年代に日本で流行した音楽ジャンルをシティポップと言いますが、その頃にずばり青年時代を過ごした九兵衛としては、とても懐かしく心がうずくような気持ちです。

先駆けは、2016年にフューチャーファンクとして世界的に有名になった動画で竹内まりやの「Plastic Love (1984)」がサンプリングされたことのようです。フューチャーファンクとは、80年代のアニメやアイドル歌謡をサンプリングし、90年代に流行したアナログシンセサイザーで変調効果を使った音楽のことだそうです。そのうちに、日本の原盤にも火がつくという現象がおきているのでしょう。

いずれにしても、山下達郎、大瀧詠一、竹内まりや、松任谷由実、大貫妙子、杏里、松原みきと懐かしいサウンドが世界的に大ブームなのは、うれしい限りです。

これだけ人気のあるシティポップですが、検索で多いのはリラックスというキーワードです。例えば、80s japanese City PoP Playlist/ Best Relaxing Musicというような感じです。

ある研究では、シティポップは自然界にある風の音や川のせせらぎ、木の葉が揺れる音などあらゆる音域を使っていて、テンポも心臓の鼓動に極めて近いことが、リラックス効果をもたらしているとのことです。

これは瞑想や禅、そして日本茶を通じて禅の心身を保つ、ZENJIROが提唱する禅茶術とも似ています。あなたも、お好みのシティポップを聴いてリラックスしませんか?

関連記事

  1. 50セントの贅沢
  2. ZENJIROが煎茶の淹れ方を解説
  3. 冷煎茶のススメ
  4. ストレスのこと、正しく知ってますか? (1)
  5. 手煎りほうじ茶が心を豊かにします
  6. ストレスの仕組みが分かれば対処できます (2)

おすすめ記事

450周年記念補稿 (3):加藤家が厚遇された理由

二代目黒田九兵衛直次の時に加藤嘉明に仕えて以来、代々の黒田九兵衛は徳川時代になってからも加藤家に仕…

新百合ヶ丘・王禅寺の日常

川崎市麻生区の新百合ヶ丘・王禅寺エリアの何気ない日常の風景を動画にしました。旧暦の立春から…

cafeちょくちょく / 新百合ヶ丘

小田急線新百合ヶ丘駅と柿生駅の間に桜がきれいな麻生川があります。cafeちょくちょくはそんな場所に…

ZENJIRO

ピックアップ記事

  1. 王禅寺近くの料亭
PAGE TOP